防蟻対策

北海道産材の防蟻試験 【キハダに、シロアリに対する忌避効果】

木は人と同じで、樹種によって個性的な特徴を持っている場合があります。
キハダという木も、そのひとつに数えられると思われます。
その内皮(樹皮の内側の層)は、胃腸薬などの漢方薬になります。その成分、ベルベリンには、高い殺菌作用があることが知られています。
このため、キハダについて防蟻効果(シロアリを防ぐ効果)について実験を行ってみました。その結果キハダは死虫率は高くないので、シロアリを殺傷するような効果はありません。しかし、シロアリを寄せ付けないような、忌避効果があることが判りました。

イエシロアリに対する耐蟻性能試験イエシロアリに対する殺蟻性能

多くの人たちが手で触れることが考えられる窓やドアには、シロアリ対策として薬品による防蟻処理を行うというのは、人体への影響を考えると、決して良い方法ではありません。しかし、天然の木材で高い防蟻効果を示すキハダを利用する方法は、危険な薬品を用いていないので、人にも安全な窓・ドア用の防蟻方法と言えます。
シロアリ被害の多い、沖縄や九州でキハダを用いた製品にはシロアリ被害は出ていません。
 しかし、シロアリ対策は複雑で多岐に亘る対応が必要です。専門業者と連携した対応が不可欠です。